引越でのトラブルとその回避方法について

引越の時におきるとトラブルで一番多いのは家具などに傷がつけられたというトラブルです。


搬入中やトラックの中で傷がついてしまったケースがほとんどですが高額な家電や家具などの場合、保険に入ってる場合に適用されるケースがありますが使用に支障がないと判断された場合には保険がおりないケースもあります。


大手だから安心と契約しても配送担当者によって仕事の丁寧さにバラつきはありますから、その点は覚悟した上で契約することになります。


しかし、荷造り中や搬入の際にしっかりと立ち会い雑な仕事されないように目を光らせることでトラブルを最小におさえることもできます。やはり自分の大事な荷物を預けるわけですから立会するほうがよいでしょう。


さらにトラブル回避としておすすめしたいのは電話問い合わせ時の受付の対応、見積もり担当者の対応など印象が悪ければ契約しないことです、お客に対して対応が著しく悪い担当者の場合、現場スタッフへの指示もいい加減な場合も想定されるので最初から断るほうがよいでしょう。

しっかりとした業者なら荷造り前に傷の有無を必ず確認してきます。


互いに事前に傷の場所を確認し合意したうえで搬入すれば、その傷は搬入前なのか搬入の際についたかがハッキリとするので傷チェックをしない業者の場合、自ら傷チェックを指示するようにしましょう。