引越し費用を安くするために

引越し費用を安くするために考えておくこと


まず、自分の引越は業者に頼まないとダメなのか?これは引越し先への距離や荷物量によっては自分でレンタカーなど借りて友人または家族とに持つ搬入することで安くできるケース。


単身赴任の場合、手荷物だけで後はすべて引越し先で購入すると割り切る人もいますが、この場合だと単身赴任パックより高くついてしまうかもしれませんね。


安く上げる方法には家具や大型家電など別料金になる場合、引越とのトータルで考えて場合によっては現地で家電製品を揃えるという方法もあります。単身赴任の場合だとこのケースがおおいようです。


家族向けの場合、荷物の仕分けや梱包は自分たちで行うことで荷造り分だけ費用を安く抑えることが可能です、これも子供のいない夫婦だけの場合に有効な方法だと思います。


子供が小さい場合、どうしても目が離せないので荷造りが進まないということもあるので荷造りも含めた引越をお願いするケースになりがちです。また引越に必要なBOX類も引越し業者へ伝えておけば必要な分を手配してくれるのでわざわざ購入しないですみますから是非利用してみてください。


梱包にかかる費用も馬鹿になりませんからサービスの中で利用できるものはドンドン活用させてもらいましょう。またダンボールが足りない場合には数個程度なら無償で提供してくれるケースがほとんどですから担当者にお願いしてみましょう。