引越し前のチェックについて

新しい住居を探すときに見落としがちなのが住居以外の生活に必要な環境を見落とす点です。
住みやすい住居を探すのは勿論ですが近隣に病院やスーパーがない場所だと不便ですね。


車で通える距離だから安心と借りて後に車がないとほとんど何処にも行けないというのも困りもの。
バスが数時間に1本しかない、最寄りの駅、バス停まで徒歩しか移動手段がないとか新興住宅地にはありがちな問題でもあります。


逆にアパートが密集する地域には独身者や夫婦だけの家族が住んでいるケースがおおいので、必然的にバス停がおおく本数もおおい路線が通っていてコンビニや大手スーパーなど近くにあります。


そういう点もふくめて不動産や都市開発の専門家が開発するのですが一軒家の場合では人工の密集する地域には土地の空きがすくないので必然的に土地の余ってる郊外に一軒家を建て販売します。


その際に開発計画ではスーパーが近隣に入る予定とか宣伝しますが、いざ着工の段階で撤退というトラブルもなきにしもあらずなので気をつけましょう。


田舎暮らしが好きで車で移動できる距離に生活に必要な施設があればよいという人は郊外中心に物件を探すのもひとつの手といえます。

ただし、会社や学校までの移動手段が複数の乗り継ぎだと体にも負担がかかりますから郊外と言っても程々の距離にとどめておくべきでしょう。