引越し業者の見積もり

引越業者に見積もりを頼むときにポイントになる点について。
まず引越し業者に電話なりネットなり引越し予定日と荷物量などの見積もり依頼をします。


後日、担当者から見積もりをするため都合の良い訪問日を確認してきます、そこで訪問日を決め見積もり当日を迎えることになりますが、その時に担当者に伝えておくべきポイントは下記ポイント


ファミリー向けの引越か単身赴任か独身者か
:今の住まいから新しい住まいまでの距離(地名でも問題なし)
白物家電はどのくらいあるか?(大型テレビとか冷蔵庫などのかさばる電化製品)


このポイントが担当者に伝わらないと見積もりの作りようがありませんので必ずつたえましょう。
次に担当者が出す見積もり額についての調整となります。


業者によってマチマチですが交渉すれば値引きもしくはそれに該当するサービスを無償でつけてくれることが殆どなので臆せずに交渉しましょう。交渉のポイントは下記のとおり。


見積もり金額の内訳確認(どうしてこの金額になったか確認する)
:値引き交渉(例えば自分で運べる小さい荷物など数を減らすのでその分の値引き交渉など)
値引き額が低い場合に無償でサービスをつけてもらえるか交渉


3番目の無償サービスは引越の荷造りで出てくる不要品や処分に困るものなど引越し業者で引き取って処分してもらえないかお願いすること。


よほど大きい不要品でない限りは快く引き受けてくれる業者がほとんどです。
逆に断られるくらいなら金額に差がない業者へお願いすればいいだけですね。